そう遠くない介護               ~現役ケアマネの自分の介護にのぞむあれこれ~

高齢化する両親、そう遠くない介護の予感。現役ケアマネとして、今まで担当していてしておけばよかった、と思うこと、今からできること、実践の様子、介護について。

ケアマネ試験後、実務研修後も一人前になれない難しさ

ずっと続くケアマネ修行

 

特定事業所加算、という加算を取るためにはいろいろな

要件があります。

 

その中で、地域の一人ケアマネ、経験が浅いケアマネの

相談、指導を行うこと、というものもあります。

 

自分の事業所でなく、ほかの事業所のケアマネも

地域ぐるみで指導してスキルアップを図っていこう、というものです。

 

法定研修では費用が発生するのですが、

通常のそのような交流は、費用発生しません。

 

事例検討会を地域で行ったりして、それを主任ケアマネが行うことが

特定事業所加算を算定する要件になっているので、

基本ほとんどの事業所が行っていると思います。

 

ケアマネジャーは、介護、医療、制度、いろんな知識を必要とするし、

コミュニケーションも様々な方とおこなわなければいけないので、

資格を取ってからでも、

長年の経験があっても、ずっと研修、学び続ける、というスタンスです。

 

地域の支援が向上するのは大変良いと思うのですが、

ケアマネジャーは、なんだか無償で、費用発生しないのに行う

仕事が、やたら増えているような・・・

 

住宅改修は入院、入所中に書類作成してもその期間は無報酬ですし。

 

ケアマネジャーさんは、あんまりこういうこと周りでは言われないんですよね。

 

資本主義からすこーし距離を置いている独特の仕事かなと思います。

ケアマネの高齢化 なり手がいない現実

どんどん定年退職していくケアマネジャー

 

ケアマネジャー、という仕事ができて

看護師、介護福祉士、歯科衛生士、社会福祉士

などなどの人たちがケアマネジャー資格を取るようになり。

 

それから時がたち、そのころ資格を取った人たちが、

定年退職を迎えることが多くなりました。

 

今のケアマネジャーは、介護保険だけでなく、

要介護者のほかの領域、社会福祉制度、障がい制度、

住まい、金銭、あらゆる面をサポートするように、

と言われています。

 

それは、一人にケアマネがついたらもう安心、と言わんばかりに

何もかも振られてくるときもままあります。

 

それができるうちはいいけれど。

定年退職を迎えた周りのケアマネジャーたちは、

「もうこれからはつづけないわ」

という方たちが多い。

 

中途半端にはできない仕事、

また責任も重く、

こちらのミスで、人の命も脅かされかねない、

重要な仕事です。

 

(ヘルパー訪問が今の時期抜けていたら、生命維持に直結しますから)

 

常に気を張り、はたまた休みの時も対応していく。

 

定年迎えたら、もうできないわ、と思わざるを得ない仕事、になっています。

 

一方、新しくケアマネになる人は、実感としては

増えていかない。

 

誰が見ても、

「たいへんそう」

な仕事で、敬遠されているのです。

 

人のために何かしたい、という志の人たちばかりですが、

その思いが継続的に持てるように、と願いはするのですが。

飲酒とたばこ 後期高齢で続けている人

やめられない習慣 飲酒と喫煙

 

担当している方に、飲酒やたばこの習慣があるかどうか、

以前にあったかどうか、は必ず確認する項目の一つです。

 

私個人の経験では、

 

男性であれば、たばこは

「以前は吸っていたが今はやめている」派が多数。

お酒も同じく。

 

女性は、

「どちらも昔もせず、いまもしていない」

派が多数。

 

ですが、やはり少数になりますが

「タバコは今も昔も吸っている」

「今も夜晩酌をする」

という方もおられます。

 

それが健康に直結するか、ということは

人それぞれ、で疾患的に止められている方以外は、

いまは嗜好の範囲で続けられています。

(中にはやはりアルコール依存の方もおられ、

対応に大変なこともありますが)

 

在宅で続けられ、家族の理解もあるのは良いのですが、

施設に泊まる、となると、

これが施設により対応が様々で結構な障壁と

なることがあります。

 

たばこは、いまは受動喫煙防止のために、

施設内では吸えません。

 

なので、屋外で吸うことになるのですが、そうすると、

要介護の方、職員さんが見守らないといけなくなります。。

数分間、1日に何回か、それをする、というのは、

忙しい職員さんにとって、本人にとってはすこーしなのですが、

なかなか対応できない、というところがあります。

 

お酒も、持ってきてもらって晩酌可能、なところもあれば、

持参、飲酒お断り、のところもあります。

 

その方の大事な習慣、ではあるのですが、

それで利用するところが決まってしまう、ということもあります。

 

施設に空きがない時など、

その習慣は、数日やめることができるかどうか?

は、結構切実な問題です。

その方は、止めたことなどないのですから。

「そんな窮屈なところ、いかない!」

となってしまうことも。

 

できるだけ、その方の生活歴は大事にしていきたいところですが、

折り合いつくかどうか、という事態もままあります。

 

普段から、細かーいところまでチエックしてしまうのは、

職業病かもしれないです。

 

 

 

 

 

 

1日に一個、違うことをしてみる  達成感と自己肯定感、かな?

刺激がない暮らしを打破する!?

 

閉じこもり、人と会うことが申し訳ない、

それが当たり前の日常が続きます。

 

私も、仕事柄、コロナ感染が始まったころから、

友人との会食、全くしていません。

 

そこまでしなくていいのか、

でも、もし、その後感染となったら、どれだけの人に

影響が及ぶのか、を思うと、精神衛生上も、

そうするのが一番安心、なのです。

 

しかし、それを続けると、ほかのところで、

やはりストレスがたまるかもしれない。

 

毎日毎日、人とは話し、相談を受け、

刺激がない日はないけれど、

それでも日常の中で、何か変化がないと、と思う。

 

そんな毎日の中で、してみていることは、

小さいことででも、なにか日常の中で、

1個、違うことをしてみる、こと。

 

例えば、

 

いつもは一番安い豆腐を買うのに、今日は

一番高い豆腐を買ってみた!

 

とか、

 

帰り道でいつもは通らないルートで帰ってみた!

 

とか。

 

それをしたこと自体と、やってみた!という小さな達成感。

 

仕事柄、なかなかなストレスとそれを家にまで引きずる

(24時間仕事携帯を持ち、電話があれば即対応の毎日)

ことがある中で、自分なりの対処法、です。

 

仕事柄、

ああすればよかったのでは、こうすればこうはならなかったのでは、

自己批判も毎日している中で、

この小さな達成感と、それに伴う自己肯定感、でしょうか。

 

なんでも、いつでも、対応できて当たり前、の仕事(-_-;)

 

今日は新しいこと、どんなことを1個、してみましょうか。

 

コロナワクチン接種状況が映す自治体の機動力

隣町でも全く違うコロナワクチン接種状況

 

高齢の方には、だいぶんコロナワクチン接種が

すすんでいる状況となったようです。

 

始まりは、本当に予約が取れずに

苦労されていたのですが、

常に予約を取ろうとされていた方は、

おおむね接種ができそうな状況ではあるかと思います。

 

コロナワクチンの是非はさておき、

これで市町村の、機動力の差、を痛感しました。

 

コロナワクチンは、なぜか自治体ごとに全然

進捗が違っていて、

お隣の市町はかかりつけ医で早々に予約、接種ができるのに、

その隣の町は1か所でずっとワクチン接種のみでなかなか

予約も進まない。

 

各地域からの接種会場への定期便が早々に

設置されるところがあれば、

不便な場所に家族やタクシー送迎で

いかないといけない、などなど。

 

普段は、割と同列で、

まあ保険料や税金、保育所の待機児童

などの社会資源くらいでしか市町を

見ていなかったのですが、

今回のワクチンのことで、

自治体によってこんなに機動力が違うものか、と感じました。

 

それは、人口とか、様々な要因もあるかとは思うのですが、

緊急時に、その自治体がどれだけのスピードで、

どれだけ住民に必要なことを優先付けして行えるのか、

が鮮明になった気もしています。

 

たまたま、その時の長の方の行動なんだろうか。

コロナワクチンを求めて、右往左往しなければいけない状況。

 

どの市町に住んでいるか、でそれが分かれ目になる、ということ、

以前は想像もできない事態でした。

高齢で高年収の属性とは 身もふたもない現実 

また負担割合を確認する時期がやってきた

 

毎年毎年、7月終わりになると、

介護保険の負担割合が更新され、

負担割合証なるものが自宅に送られてきます。

 

ケアマネはこれが分からないと、利用金額も

家族に伝えられないし、実績請求もできないので、

すぐに紛失する恐れのあるおうちでも、必死に

確認することとなります。

 

この割合は、だいたい日本でも統計が出ているのですが、

私の割合の中でも、

3割負担の方が1割から2割くらい、

2割負担がおられるかどうか、

ほぼ皆さん1割負担

です。

 

3割負担の方は、もちろん利用料が単純に3倍になるのですが、

だいたい、毎年必ず3割の結果です。

 

それも、「ああ、保険証まだ見ていないけど、たぶん3割だと思います」

てな、割とあっさり。

圧倒的に3割、なんだと思います。

 

身もふたもないことを言ってしまうと、

年金のみで3割負担、という方はおられません。

 

事業収入か、不動産収入。

ほぼこの2択、です。

 

しかし、

高収入だからって、

お店で売っている商品が、

3倍になることって、ないですよね・・・

 

3割の負担金額に、いまだに慣れないケアマネです・・・(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

高齢者の自死を防ぐ ゲートキーパーの役目

今の日本での自死 高齢者世代が一番多いということ

 

コロナウイルスの蔓延で、自死の方は増えているそうです。

その中でも、高齢の世代の方が一番多い。

 

また、一人暮らしの人よりも、ほかの家族とともに

すんでいる方のほうが多いということ。

 

一緒に住んでいる家族がいる中での孤独感のほうが強まるのでしょうか。

 

死を選ぼうとしている方がいたとしても、果たして気づくことができるのか。

弱音を吐いてもらえる関係性になれるのかどうか。

 

信頼できる、と思ってもらえなければそれはむずかしいこと。

 

そのような話が出たら、傾聴すべきと。

具体的な話としてされるようなら、注意。

 

そして、またこれも大事なことは、

傾聴する側も、自身の心も体も健康であること。

 

自分が健康でないと、受け止められない。

それは普段からも言えること。

 

暑さも増して、体もだるくなり、心も疲れてくる毎日、

気分転換をして、体を動かして、

過ごしていくように。

 

全部をダイレクトに受け止めると、しんどいことも多い、

ですね。